不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


レントゲン撮影は不妊の原因になりますか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

レントゲン撮影は、病気の詳しい診断のために欠かせないものですが、

 

エックス線を浴びるので、頻繁に受けると不妊症になってしまうのではないか、

 

という不安があるのですね。

 

 

確かに、レントゲン撮影は、体に影響がないとは言い切れません。

 

私も不妊治療中は、担当の医師から、よほどの必要性がない限り、

 

レントゲン撮影はしないほうが良いと言われ、控えていました。

 

 

職場でも健康診断がありましたが、必要事項を記入する項目に、

 

妊娠の可能性を問う部分があったので、可能性があるということにして、

 

パスしてきたのです。

 

 

不妊治療中の人は、恐らく同じことを言われていると思いますが、

 

そうではなくて、通常のレントゲン撮影であれば、

 

きちんとプロテクターをつけますし、

 

あまり敏感になる必要はないでしょう。

 

 

ただし、男の子がレントゲン撮影をする場合、その部位にもよりますが、

 

生殖器付近にプロテクターをしないケースがあります。

 

 

私は女ですからなんとも言えませんが、

 

男性の場合、子供の頃のレントゲン撮影が原因で、

 

不妊症になってしまったという例も報告されているのです。

 

 

レントゲン撮影は、大切な検査ですが、

 

頻繁に行うことを避けていれば、大丈夫ではないでしょうか。

 

 

不妊症の治療を始める時に、

 

必ずこういったレントゲン撮影のことも質問されますから、

 

正直に話して、治療を受ければ安心ですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ