不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


生理の出血の量が少ないことと不妊は関係ありますか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

生理というのは、排卵が行われているかを判断する材料になりますし、

 

不妊症の診断基準の一つでもあります。

 

 

生理の出血量が少ないといっても、毎月同じくらいの出血量なのか、

 

また、何回か前の生理までは、出血量は普通だったのに、

 

最近は少なめというのでは、少々状況が違うように思います。

 

 

毎月の生理は、その時の体調も大きく関係しています。

 

仕事が忙しい日々が続き、疲れている状態が続くと、

 

ホルモンバランスが崩れて、それも生理の状態に影響が出ます。

 

 

生理の出血量が少ない場合には、

 

不妊と関係があるかということですが、

 

周期は狂っていないでしょうか?

 

 

生理周期がほぼ一定で、出血の量が少ないということであれば、

 

不妊とは限りません。

 

 

ですが、周期も一定でなく、出血量も少ないとなると、

 

排卵が行われていない可能性があります。

 

 

排卵が行われていなければ、妊娠できないことになるので、

 

不妊症の原因とも言えますね。

 

 

生理の出血が少なく、周期も不順という人は、

 

まず基礎体温をつけてみましょう。

 

 

基礎体温は、低温気と高温期があり、

 

高温期が2週間程度あれば、心配ないでしょう。

 

 

基礎体温は、不妊治療だけでなく、

 

自分の体調の目安にもなりますから、

 

普段から測定しておくと安心ですよ。

 

 

また、生理の出血量は、多い場合も不妊症と関係がある可能性もあるので、

 

毎月の生理の様子は、しっかりと把握しておきましょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ