不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


2人目不妊の原因がPCOだった場合、どんな治療をしますか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

PCOとは、多嚢胞性卵巣症候群のことで、

 

簡単に言えば、卵巣の中にある卵胞が通常は一つなのに、

 

数多くできてしまう状態をいます。

 

 

卵胞が多くなると、排卵することが難しく、

 

中には卵巣が肥大してしまう人もいます。

 

 

PCOでは、生理の周期が狂う、生理自体が来ない、

 

排卵が行われないなどの症状が出て、

 

結果的に不妊症となってしまいます。

 

 

一人目の子供を出産した後に、なかなか子供ができず、

 

不妊症かもしれないと、受診したところ、

 

PCOと診断されるケースも多くあります。

 

 

もちろん、一人目の子供をPCOで治療をし出産した人が、

 

その後は自然妊娠で出産するというケースもありますから、

 

PCOだからといって、2人目を諦める必要はありません。

 

 

PCOの治療は、1人目・2人目と、妊娠の回数で変わることはなく、

 

その時の卵巣の状態によって違います。

 

 

PCOの治療では、主に排卵誘発剤を使います。

 

また、それ以前に、肥満であるかどうかも重要になります。

 

 

1人目を出産後、かなり太った場合には、

 

PCOになりやすいと言われています。

 

 

ですから、PCOの治療を行う際には、

 

まず肥満の解消が先決です。

 

 

肥満を解消しても、排卵が行われない場合に、

 

排卵誘発剤を使います。

 

 

PCOは、原因が特定されにくいため、

 

治療法も様々です。

 

 

色々な治療法を試しながら、

 

不妊症を解消する方法がとられますから、

 

担当の医師と相談しながら治療をしましょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ