不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


下腹部が痛む



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

私は、生理痛で下腹部がものすごく痛むのですが、

 

不妊症の症状に下腹部の痛みがあるとは知りませんでした。

 

「下腹部の痛み=生理痛」だと思っていましたから。

 

 

ところが、下腹部の痛みには、色々な原因があるんです。

 

そして、中には、不妊症の原因となる病気が関係しているのです。

 

 

もちろん、違う病気が原因となっていることも考えられますから、

 

下腹部の痛みを子宮の病気だと決め付けるのは、お勧めできません。

 

 

不妊症と関係のある下腹部の痛みは、まず、子宮のあたりに触れて、

 

張っていないかチェックしましょう。

 

 

子宮の異常であれば、その張った部分を触ると、

 

痛みを感じるはずです。

 

 

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮ガンなど、

 

疾患が関係していることも考えられます。

 

 

子宮の病気は、自覚症状が少ないため、

 

下腹部の痛みを頻繁に感じる時は、

 

きちんと受診した方がいいと言われています。

 

 

特に、子宮内膜症は、症状が進行すると、

 

不妊症の原因になりやすいので、

 

早いうちに治療を行わなければいけません。

 

 

さらに、不妊症の症状としての、おりものの量が多い、

 

基礎体温の変化がないといった、

 

いくつかのチェックポイントが重なれば、

 

不妊症の可能性は高くなります。

 

 

下腹部の痛みだけでは、なかなか判断がつかないのですが、

 

痛みがあるということは、何かしらの異常があると考えたほうが無難です。

 

症状が悪化する前に、原因をはっきりさせておきましょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ