不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


不妊治療薬のプレドニンとは何ですか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

プレドニンは、不妊治療薬専門と言うわけではありません。

 

実際に、プレドニンはステロイド剤で、

 

アレルギーや炎症を抑える効果があるのです。

 

 

「ステロイド剤を不妊治療に使って、問題はないの?」

 

と感じるかもしれません。

 

 

ステロイド剤と言えば、副作用が強いことで知られていますから、

 

不安になるのは理解できます。

 

 

ですが、恐らく不妊治療でプレドニンを服用している人は、

 

排卵誘発剤であるクロミッドと一緒に服用しているはずです。

 

 

クロミッドを服用して、排卵を誘発しても、

 

子宮内の男性ホルモン値が高いと着床しにくい環境のため、

 

クロミッドの効果が薄れてしまうのです。

 

 

クロミッドも、あまり長期にわたって服用すると、

 

子宮内膜が薄くなってしまう場合があるので、

 

クロミッドの効果を高めるために、

 

プレドニンをあわせて処方するパターンがあるのです。

 

 

最近では、クロミッドをしばらく使って、

 

効果が薄いときに処方されるのが、

 

不妊症治療の中では、一般的なようです。

 

 

そして、不安の強いプレドニンの副作用ですが、

 

高血圧や感染症、胃潰瘍などが考えられます。

 

 

プレドニンを服用し始めてから、

 

胃痛などがある時には、早めに医師に相談しましょう。

 

 

せっかくお医者様が考えて薬を処方してくださったのだから、

 

それをしっかり守りたい気持ちもわかりますが、副作用が強い場合には、

 

体が拒否反応を示しているのですから、正直に相談するべきですよ。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ