不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


特定不妊治療とはどういったものですか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

不妊治療で受けられる制度のところでもお話しましたが、

 

特定不妊治療とは、体外受精と顕微授精のことを指します。

 

 

体外受精は、人工授精などでうまくいかない場合に、とられる治療法です。

 

卵子と精子を採取して、体の外で受精させ、その受精卵を子宮に戻します。

 

 

そして、顕微授精は、同じように採取した精子と卵子を、

 

人工的に受精させる方法です。

 

 

体外受精は、受精するかどうかというのは、自然の力に任せるのに対し、

 

顕微授精は、人間が人工的に受精させるので、妊娠する確率は高くなります。

 

 

治療の進み方ですが、まずは人工授精などから始めます。

 

それが10回程度行っても、うまくいかない場合には、

 

体外受精に切り替えるところもありますし、

 

もっと早い段階で切り変えることもあります。

 

 

体外受精と顕微授精は、健康保険の対象外ですから、

 

かなり費用は高額です。

 

 

一般的には、体外受精は30〜50万円、

 

顕微授精はそれよりも10万円ほど高くなります。

 

 

どちらの不妊治療法も、妊娠する確率は高めですが、

 

治療を受ければ、必ず妊娠できるという保障はありません。

 

 

実際に、体外受精や顕微授精を受けても、

 

妊娠できない人も多いのです。

 

 

1回の治療費が高額なことから、

 

途中で治療を断念してしまうケースもあって、

 

この2つの治療法を特定不妊治療として、

 

費用の助成が制度化されたのです。

 

 

自治体によってこの助成制度には違いがあって、

 

中には人工授精にも活用できる場合もあるので、

 

自分の住んでいる自治体に内容を確認するといいですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ