不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


不妊症の治療で使われる排卵誘発剤の副作用は?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

排卵誘発剤は、排卵を促す働きがあって、

 

不妊治療ではよく使われています。

 

 

排卵誘発剤には、内服と注射があって、

 

段階的に使用されています。

 

 

私もこの排卵誘発剤を使いましたが、最初に担当の医師から、

 

副作用については説明がありました。

 

 

内服する排卵誘発剤は、クロミッドという排卵誘発剤で、

 

どの病院でも使われているようです。

 

 

クロミッドは、子宮内膜の働きをつかさどっている

 

女性ホルモンの分泌を抑えてしまう副作用があるため、

 

長期にわたって使用すると、妊娠しにくい状態を作ってしまうとの事です。

 

 

ですから、クロミッドの効果が期待できない場合には、

 

注射を使用すると言われました。

 

 

排卵誘発剤の注射は、卵巣に水がたまりやすいという副作用があります。

 

卵巣に水がたまると、腹痛がおきて、

 

症状が進むと胸水や腹水がたまることもあります。

 

 

その状態が長くなれば、妊娠どころか、

 

命に関わる場合もありますから、注意が必要です。

 

 

担当の医師からは、排卵誘発剤の注射は、ちょっとした異常があれば、

 

すぐに報告してほしいとの事でした。

 

 

私の場合は、極度の注射アレルギーでしたので、注射による治療だけは、

 

避けて欲しいとお願いしていましたから、行っていませんが。

 

 

そして、排卵誘発剤を使うと、多胎妊娠もおきやすくなります。

 

排卵誘発剤は、通常なら一つしか排卵されない卵胞が、

 

薬を投与することで、複数排卵される可能性が高くなります。

 

 

こうした副作用をよく理解して、排卵誘発剤を使いましょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ