不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


不妊症の治療は、痛みを伴いますか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

不妊症の治療は、色々な方法がありますが、

 

中には、痛みを伴うものもあります。

 

 

まず、排卵誘発剤の注射です。

 

排卵誘発剤は、内服するものと注射がありますが、

 

内服で効果が得られない時に、注射による治療が行われます。

 

 

この排卵誘発剤の注射は、毎日又は1日おきに行わなければならず、

 

しかも、めちゃくちゃ痛いらしいのです。

 

 

私の友人も、不妊症の治療を受けていて、

 

排卵誘発剤を注射しています。

 

注射は筋肉注射なので、本当に痛いようです。

 

 

さらに、毎日注射が続くと、その痛みを考えただけで、

 

憂鬱になるといっています。

 

 

排卵誘発剤を注射する時は、肩やお尻など、

 

日によって部位を変えることが、痛みを和らげる方法ですね。

 

 

私も、排卵誘発剤を注射する手前まできましたが、

 

子供のころからの注射アレルギーで、

 

治療の候補からは外してもらいました。

 

 

その他に、体外受精の際の採卵も、

 

麻酔の注射がかなり痛いようです。

 

 

そして、不妊症の検査でも、痛みを伴うものがあります。

 

卵管が詰まっているかどうかを確認する検査で、卵管通水検査がありますが、

 

卵管内に詰まりがあれば、激痛ではないものの、痛むようです。

 

 

また、詳しい卵管の造影検査も、かなりの痛みを伴うようです。

 

 

私は、卵管の異状がなかったので、この検査は行いませんでしたが、

 

不妊症の検査や治療を受ける時には、予め痛みがあるかどうかを、

 

確認しておくと安心ですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ