不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


不妊症の治療をすると、妊娠できる確率はどれくらいですか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

不妊治療の実績については、受診した病院によっても違いますし、

 

治療法によっても違います。

 

 

しかも、排卵誘発剤を使う、タイミング療法を行う、

 

人工授精や体外受精を行うなど方法も様々で、

 

その詳しい確率もはっきりつかめていないのが現状です。

 

 

もちろん、不妊症で悩んでいる人は、治療を受けるなら、

 

できるだけ妊娠する確率が高い方法を希望するでしょう。

 

その気持ちは私も理解できます。

 

 

ですが、不妊症の治療については、

 

その人の症状で妊娠できる確率が違ってきます。

 

 

不妊治療を始めて、2年くらいの間には、患者さんの6〜7割が妊娠している、

 

という病院もありますが、その反面、なかなか結果がでないというところもあるようです。

 

 

そして、不妊治療を始める年齢も、

 

妊娠の確率を上げる大きな要因です。

 

 

男性は、60歳くらいになっても、

 

精子が弱ることは少ないです。

 

 

しかし、女性は、35歳を超えると

 

子宮や卵巣の働きが極端に弱くなり、受精が難しくなります。

 

 

ある病院のデータでは、女性の年齢が40歳を超えると、

 

不妊症治療を受けて、妊娠できる確率は25%しかないそうです。

 

 

女性の年齢が不妊治療の成果を挙げる

 

最大のポイントと言えるかもしれません。

 

 

ですから、不妊症かもしれないと思ったら、

 

できるだけ早く専門医にかかりましょう。

 

 

不妊症の治療を始める際に、確率だけを考えていては、時間の無駄です。

 

早目の行動が不妊症を早く改善する方法ではないでしょうか。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ