不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


どのくらいから不妊治療を始めればいいですか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

一般的に、不妊症と言われているのは、

 

結婚して普通の性生活を送っているのに、

 

2年以上妊娠しない状態をいいます。

 

 

もちろん、2年間妊娠しないからといって、

 

それが不妊症だと決まったわけではありません。

 

 

ですが、なかなか子供ができないと、

 

不妊症かもしれないと、不安にもなりますよね。

 

 

私の場合は、結婚して特に避妊もしなかったのですが、

 

5年近く経っても、子供ができませんでした。

 

 

兄が医師で、私の生理痛が酷いことも知っていましたから、

 

不妊症かもと指摘されて、そこで初めて受診を考えたのです。

 

 

兄曰く、「結婚して2年以上子供ができないのが、不妊症だといわれているけど、

 

1年以上できない段階で、婦人科などに相談に行ったほうがいい」とのことです。

 

 

年齢が若ければ若いほど、排卵のタイミングにあわせて性交渉をすれば、

 

妊娠する確率は高くなりますし、不妊症の治療も、様々な方法が考えられます。

 

 

30代になると、子宮や卵巣の働きが、年齢ともに悪くなってしまうので、

 

不妊症の治療方法も、人工授精や体外受精といった高額なものになりがちです。

 

 

男性の場合には、精子が弱くなるのは、

 

女性よりも年齢が高くなってからですから、

 

女性の場合は、それよりも早い対応が必要になります。

 

 

もしかしたら不妊症かもしれないと感じたら、

 

できるだけ早く受診しましょう。

 

 

不妊症でなくても、妊娠するためのアドバイスなどもらえますから、

 

早目の対応が重要だと思いますよ。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ