不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


筋肉注射



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

筋肉注射は、排卵誘発剤などを

 

体内に注入する際に行われます。

 

 

排卵誘発剤は、内服薬もあるのですが、

 

それがなかなか効果が表れない場合には、

 

筋肉注射をすることになります。

 

 

不妊症の治療で、この筋肉注射は、

 

とても痛みを感じます。

 

 

しかも、筋肉注射をする治療のHMGやHCGは、

 

ほとんど毎日の注射となります。

 

 

筋肉注射の場合、注射した部分が腫れ上がることもよくあります。

 

肩かお尻に打つことが一般的ですが、なんといっても毎日のことですから、

 

最初は我慢できても、回数を重ねるとかなり辛くなるそうです。

 

 

痛みを抑えるには、お尻に打つほうがいいという人もいますし、

 

看護師さんの話では、筋肉注射後は、その部分をよく揉むと痛みが軽減されるとの事です。

 

 

私はお恥ずかしい話ですが、注射がものすごく苦手です。

 

以前、妊娠もしていない時期に乳腺炎にかかり、

 

患部に注射するという医師の言葉を聞いて、倒れたこともあるほどです。

 

 

ですから、私は不妊症の治療で排卵誘発剤を内服しましたが、

 

注射はできないと初めからお願いしておきました。

 

 

もちろん、どうしても子供が欲しいなら、不妊症治療で注射をしてでも、

 

頑張らなければならないのでは?と思う人もいるでしょう。

 

 

ですが、どうしてもダメなものを無理に我慢して続けても、

 

ストレスがたまる一方で、良い結果は得られないと思うのです。

 

 

不妊治療で行われる筋肉注射は、かなり痛みがあることを把握した上で、

 

排卵誘発剤の使用を考えたほうが無難ですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ