不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


人工授精



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

不妊症の治療で、原因がわからない場合や、精子の数が少ない場合、

 

また、卵管に異常があって、精子が子宮までたどり着けないケースには、

 

人工授精が行われます。

 

 

人工授精は、排卵日前日又は当日に、濃縮・洗浄によって調整された精液を、

 

子宮に注入する治療法で、妊娠の可能性が比較的高めです。

 

 

不妊症の治療法で、体外受精がありますが、これに比べると、

 

比較的自然妊娠に近い方法ですから、人工授精を勧める医師も多いのです。

 

 

「人工授精は痛みがあるのでは?」という不安を持っている人もいますが、

 

人工授精の場合、柔らかく細いチューブで子宮内に精液を注入しますから、

 

痛みはほとんど感じません。

 

 

注入後しばらく安静が必要ですが、それ以降は特に制約がないので、

 

体に負担の少ない治療法と言えるでしょう。

 

 

もちろん、不妊症の治療ですから、

 

副作用が全くないわけではありません。

 

 

例えば、排卵誘発剤と人工授精を併用した場合には、

 

多胎妊娠の可能性が高くなります。

 

 

多胎妊娠は、母体への負担も大きく、

 

しかも感染症の心配も出てきます。

 

 

医師によっては、

 

人工授精後に抗生剤を使うこともあります。

 

 

さらに、人工授精は、健康保険の対象外になるので、

 

費用もそれなりに必要です。

 

 

ですが、人工授精の場合、

 

繰り返して治療をすることが可能です。

 

 

中には、1〜2回の実施で妊娠できないと、

 

体外受精を勧める医師もいますが、

 

諦めずに実施して、妊娠した人も多くいます。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ