不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


HCG療法



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

HCG療法とは、ゴナドトロビン療法またはHMG−HCG療法といわれ、

 

筋肉注射で排卵を促す薬を体内に入れる治療法です。

 

 

排卵を促す治療法には、排卵誘発剤を経口で体内に取り入れる方法がありますが、

 

その効果が見られない場合に、もっと強力な誘発剤を注射によって使用するのです。

 

 

私も、排卵誘発剤を経口摂取で使っていましたが、治療を始めるときに、医師からは、

 

経口での治療が難しい場合には、HCG療法を行うといわれていました。

 

 

HCG療法では、卵胞を成長させる薬をHMG注射によって体内に送り込みます。

 

卵胞がある程度成長したところで、今度はHMG注射で排卵を促すのです。

 

 

この筋肉注射が、非常に痛いのです。

 

不妊治療だけでなく、筋肉注射は痛みが強いことで知られていますが、

 

HCG療法では、この筋肉注射を毎日または、1日おきに行わなければなりません。

 

 

ただし、排卵の可能性は90%と言われていますから、

 

苦痛は伴いますが、かなり成功率も高い治療法ではあります。

 

 

そして、HCG療法の副作用ですが、

 

排卵誘発剤などを用いた不妊症の治療と同じく、

 

多胎妊娠の可能性があります。

 

 

さらに、卵巣が大きく腫れ上がり、

 

腹水がたまってしまうケースもあるようです。

 

 

最近では、HCG療法を行ったことによる体調の変化を

 

医師のほうでもつかみやすくなってきているので、

 

治療中に何か異変を感じたときには、

 

すぐに担当の医師に報告しましょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ