不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


排卵誘発剤



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

排卵誘発剤は、字のごとく排卵を行わせる薬のことです。

 

 

私も、毎月の生理はあるものの、

 

排卵が行われていなかったということが検査で判明し、

 

排卵誘発剤を使いました。

 

 

薬でわざわざ排卵をさせるということに、なんとなく抵抗を感じたのですが、

 

医師からも排卵誘発剤について、丁寧な説明があったので、それに従うことにしたのです。

 

 

排卵誘発剤には、投薬と注射の2種類があって、

 

投薬のほうが副作用も少ないことから、

 

いきなり注射をするケースは、ほとんどありません。

 

 

不妊症を早く改善したからといって、

 

いきなり作用の強い排卵誘発剤を使うと、

 

強い副作用が起きることもあります。

 

 

ですから、担当の医師と相談しながら、

 

段階を踏んで使用することが大切だと思います。

 

 

私の場合も、投薬から始めました。

 

不妊症の治療としての排卵誘発剤は、投薬も2種類あって、

 

比較的経度のものと、そうでないものとがあります。

 

 

排卵誘発剤を使うのは、初めてでしたから、

 

軽度のものから始め、次の段階へと進みました。

 

 

注射を用いる前に妊娠できたので、

 

私に合った治療法だったのだと思います。

 

 

困ったのは、排卵誘発剤を使うと、下腹部痛が酷くなることです。

 

また、妊娠しなかった時の生理痛が、以前に増して強いことでした。

 

 

他にも、排卵誘発剤の副作用は、色々あります。

 

多胎妊娠や、更年期障害の症状に似たのぼせやほてりもあるようです。

 

 

排卵誘発剤など不妊症の治療は、時間を要するものが多いので、

 

内容を納得して使うことが重要ですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ