不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


喫煙



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

喫煙は、不妊症だけでなく、

 

様々な障害を引き起こすと言われています。

 

 

タバコには、体に有害だとされる物質がかなり多く含まれており、

 

中でもニコチンは、発癌物質としても有名ですね。

 

 

そして、喫煙は、血流の流れを悪くしてしまいます。

 

血流が悪くなると、体が冷える、

 

必要な栄養素が行き渡らないといった状態になり、

 

血管が詰まりやすくなる可能性も高くなります。

 

 

生活習慣病の予防でも、

 

喫煙は大きなチェックポイントと言われていますよね。

 

 

よく耳にするのは、胎児に影響が出るので、

 

妊娠したらタバコをやめるという意見ですが、

 

実は不妊症にも深い関係があるのです。

 

 

喫煙の影響は、排卵の仕組みや、

 

卵子や精子を作り出す過程でも、大きく左右します。

 

 

しかも、卵巣の老化を早めて、

 

閉経時期も早くなってしまうケースもあるようです。

 

 

若い女性の喫煙は、卵巣の老化だけでなく、

 

生理不順や無月経を引き起こしやすいとの事ですから、

 

不妊症になりやすいというのは、事実でしょう。

 

 

あるデータでは、喫煙をしている女性は、妊娠できる率が、

 

喫煙していない女性よりも、3割近く低くなるのだそうです。

 

 

これは男性にも同じようなことが言えます。

 

喫煙している男性の精子は、活動力が低下しがちで、

 

受精しにくいとのことですから、不妊症治療をする上で、

 

禁煙しなければならないと考えたほうがいいでしょう。

 

 

不妊症だけでなく、百害あって一利なしの喫煙は、

 

健康のためにもよく考えたほうがいいですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ