不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


早発閉経



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

早発閉経とは、30代や40代前半で、

 

閉経を迎えてしまうことをいいます。

 

 

通常、閉経とは、45歳〜55歳あたりで生理が止まり、

 

排卵が行われなくなることですが、

 

この時期が非常に早い年齢で訪れてしまうのです。

 

 

無月経も、生理が来ない状態ですが、

 

早発閉経の場合には、更年期障害のような症状が特徴です。

 

 

つまり、女性ホルモンの分泌が減少するので、

 

それに伴う症状が目立ってくるのです。

 

 

まだ若いのだから、閉経とは無縁だろうと思っていても、何らかの原因で、

 

早発閉経になっている可能性もあることを覚えておきましょう。

 

 

早発閉経の原因は、なかなかはっきりしないのですが、

 

染色体の異常や、自己免疫疾患が関係しているケースがあります。

 

 

その他にも、抗がん剤などを使用して、卵巣に障害が起こり、

 

早発閉経となってしまうこともあります。

 

 

早発閉経の場合には、ホルモン補充療法や食生活の見直しをするなどして、

 

不妊症とあわせた治療が行われます。

 

 

閉経する年齢ではないのに、更年期障害のような症状があれば、

 

早発閉経を疑ったほうがいいですし、妊娠の希望があればなおさら、

 

状態を把握することが大切です。

 

 

早発閉経の場合、自然に回復することは、

 

かなり難しいといわれています。

 

 

生理が来ないのは、ストレスや生活環境による無月経だと決めつけず、

 

婦人科などで血液中のホルモンを検査すれば、はっきりするでしょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ