不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


卵巣機能の低下



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

これも排卵の異常でお話しましたが、卵巣機能の低下は、

 

卵子を作る段階で、大きな問題となります。

 

 

卵巣では、卵子を作るための卵胞ができるのですが、機能低下があると、

 

卵胞の数が少なく、卵子の数も減少してしまいます。

 

 

機能低下が著しくなると、排卵も行われず、

 

不妊症になってしまうのです。

 

 

卵巣の機能は、通常、更年期を迎えると低下していきます。

 

つまり閉経するので、卵巣の役割がなくなってしまうのですが、

 

最近では、若い女性にも、卵巣機能の低下が目立ってきているのです。

 

 

卵巣は、妊娠に必要なホルモンの分泌を促してくれますが、

 

機能が低下すると、このホルモンの分泌にも異常をきたします。

 

 

妊娠をしにくくするホルモンが過剰に分泌され、

 

バランスが保てなくなるのです。

 

 

生理周期がいつも狂いがち、基礎体温が一定でないなど、

 

比較的わかり易い症状のため、基礎体温をつけていれば、

 

判断がつくかもしれません。

 

 

もちろん、病院で詳しい検査を受ければ、

 

どの程度の機能低下かが、はっきりわかるでしょう。

 

 

また、卵巣の機能低下には、

 

卵巣の疾患も関係しています。

 

 

不妊症と思って受診した人が、実は卵巣嚢腫や卵巣の腫瘍などといった、

 

病気だったことがわかったケースもあります。

 

 

卵巣の機能低下は病気とは関係ないと思われがちですが、

 

比較的若い女性が、卵巣の機能低下が原因で不妊症になるケースが、

 

最近急増しています。

 

 

治療が必要であれば、早めに受けることが、

 

不妊症の治療にも繋がります。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ