不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


子宮の異常



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

子宮は、受精卵が育つ大切な部屋といえます。

 

卵管を通った受精卵が、内膜にくっついて着床します。

 

これが妊娠ですね。

 

 

この着床が子宮の異常によって、うまくいかないケースがあります。

 

着床できないこと自体が、不妊症とも言えるのです。

 

 

子宮の異常には、先天性と後天性のものがあります。

 

先天性とは、主に子宮の奇形をいいますが、

 

必ず不妊症になるわけではありません。

 

 

奇形子宮の場合、子宮内が通常よりも狭いため、

 

妊娠しにくい、流産の可能性が高いと言われています。

 

子宮の形を整えれば、改善されるようですが、手術が必要です。

 

 

また、後天性の子宮の異常には、

 

子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患が関係しています。

 

 

子宮筋腫は、子宮の中にできる良性腫瘍で、

 

3人に1人は持っていると言われています。

 

 

もちろん、子宮筋腫があると、必ず不妊症になるわけではなく、

 

子宮筋腫ができている場所によって、不妊症になりやすくなるのです。

 

 

筋腫が原因で何度も流産してしまっている人は、

 

この筋腫の位置や数、大きさが関係しているかもしれません。

 

 

さらに、子宮内膜症は、非常煮やっかいです。

 

子宮内膜症が、子宮の筋層で起こると、

 

生理のたびにその部分で出血し、分厚くなってしまいます。

 

 

大きくなった筋層は、子宮を圧迫するので子宮が狭くなり、

 

妊娠しにくい状態になるのです。

 

 

後天性の子宮の異常は、早めに発見し治療することが、

 

とても大切と言えますね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ