不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


卵管の障害



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

卵管というのは、卵子と精子が出会い、

 

子宮にたどり着く道のようなものです。

 

 

卵子や精子に異常がなくても、

 

卵管に障害があると子宮までたどり着けず、

 

不妊症になってしまうことが考えられます。

 

 

卵管の障害で多いのが、クラミジア感染によるものです。

 

クラミジアは、性病の一種で、卵管で感染すると、

 

炎症が起きて卵管が詰まってしまうのです。

 

 

しかも、症状が進むと、卵管に癒着が起こり、

 

通りが悪くなって、不妊症の原因になります。

 

 

クラミジアの場合、自然に治ることがほとんどないため、

 

治療をしなければ、症状が進行してしまう恐れもあります。

 

 

クラミジアだけではありませんが、性感染症の中では一番多いケースで、

 

若い女性に多いことから、注意が必要です。

 

 

他には、子宮内膜症を起こしていることで卵管が狭くなり、

 

不妊症になってしまう場合もあります。

 

 

ただし、卵管は2本ありますから、どちらか一方でも、

 

癒着や炎症が起こっていなければ、妊娠できる可能性はあります。

 

 

また、卵管が詰まっているときには、その検査をする段階で、

 

詰まりを解消させることもできるので、

 

状態が軽度であれば早めに改善できるようです。

 

 

両方の卵管が詰まってしまっていても、

 

体外受精などで妊娠は可能ですから、

 

検査で状態が判明しても、妊娠できないと決めつけてはいけませんよ。

 

 

不妊症の原因がどこにあるかを、できるだけ早く突き止めることで、

 

卵管の障害は食い止められるかもしれませんね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ