不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


流産後の不妊治療の再開時期は?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

せっかく念願の妊娠を果たしたのに、流産してしまう・・・。

 

こういうケースは、よくあります。

 

 

妊娠までこぎつけても、着床した受精卵がうまく育たず、

 

流産してしまうのです。

 

 

不妊治療がうまくいかないことも辛いですが、

 

妊娠できたのに流産してしまうのも、とても辛いことですね。

 

 

その辛さを乗り越え、再度不妊治療を開始したい、

 

そう思っている人も多いでしょう。

 

 

では、どれくらいの間隔を置いて、不妊治療を始めたらよいか、

 

ということになりますが、流産後の生理がきた時点で、考えるのが無難です。

 

早い人であれば、流産の翌月又は翌々月には生理が始まる人もいます。

 

 

できれば、生理が始まった時点で、

 

基礎体温をつけることをお勧めします。

 

 

基礎体温の低温期と高温期のバランスがよければ、

 

問題なく排卵が行われている可能性が高くなりますから、

 

不妊治療も再開して良いといえます。

 

 

基礎体温が一定でない場合には、

 

2〜3ヶ月その様子を見てからでも遅くはありません。

 

 

また、流産してしまった原因がどこにあったのかも、

 

はっきりさせておかなければ、不妊治療を再開して、

 

再び妊娠できたとしても、流産する可能性もあるのです。

 

 

流産のショックは、かなりのダメージになりますから、

 

しばらくは休養するつもりで、ゆっくりされてはいかがですか。

 

 

年齢的な問題もあって、焦る人もいますが、

 

焦っても不妊治療が進むとは思えません。

 

気持ちを落ち着けて、新たな気力を養いましょう。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ