不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


不妊治療で行う超音波検査の保険適用回数は?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

不妊治療は、保険の適用が受けられるものが限られているため、

 

費用が高額になりがちです。

 

 

体外受精や顕微授精などは、一回の実施で30〜50万円もかかるため、

 

費用の面で、不妊治療を中断せざるを得ない人も多いのです。

 

 

不妊治療では、超音波検査も何度か行われます。

 

私も不妊治療で、排卵誘発剤を使用していたので、

 

時々、超音波検査を受けました。

 

 

不妊治療の費用については、私も治療を始める前に多少勉強したので、

 

驚くことは少なかったのですが、超音波検査は、

 

不妊症の検査段階に実施されるものは、保険の適用が受けられません。

 

 

排卵誘発剤を使っている場合の超音波検査は、

 

卵胞の計測なども必要になるため、

 

1クールにつき、3回までは保険の適用範囲となります。

 

 

これを超えた場合には、

 

実費となりますので覚えておくといいでしょう。

 

 

また、卵巣の機能に異常がある場合には、

 

機能検査として初回分の超音波検査は、

 

保険の適用が受けられます。

 

 

他には、子宮内膜症の検査も、診断時に1回、

 

治療中は4週間に1回の割合で、保険の適用となるようです。

 

 

不妊症だって、れっきとした病気なんだから、

 

保険が使えればいいのに・・・と思うのは、皆さん同じです。

 

 

ですが、不妊治療には、高い技術も必要なため、

 

保険の範囲では賄うことが不可能なのです。

 

 

新たな生命は、保険の範囲で得られるものではないということでしょうか。

 

それだけ尊いものだと考えるよりほかはなさそうですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ