不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


自律神経失調症でも不妊治療はできますか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

自律神経は、交感神経と副交感神経があって、

 

体の調子を自動的に整える神経です。

 

 

運動をすると心臓がドキドキするのは交感神経が

 

休憩するとそのドキドキが静まるのは副交感神経が、

 

それぞれ働くからなのです。

 

 

この場合、自分で落ち着け〜と命令するわけではありませんね。

 

自動的に体が調節する、これが自律神経の役割なのです。

 

 

この自律神経のバランスが、何らかの原因で崩れると、

 

お互いに機能できなくなり、失調してしまうのが、自律神経失調症です。

 

 

主な症状は、眩暈や動悸、頭痛や不眠、精神的なイライラや不安、

 

中には内臓の病気を引き起こすケースもあるようです。

 

 

自律神経失調症は、不妊症とも大きな関係があります。

 

自律神経のバランスが崩れると、ホルモンのバランスも崩れやすくなるので、

 

妊娠するために必要なホルモンが分泌されなくなる場合があります。

 

 

不妊症の検査をして、自律神経失調症が判明することも少なくありません。

 

それだけ密接な関係にある病気です。

 

 

ですから、自律神経失調症だからといって、

 

不妊治療ができないことはありません。

 

 

むしろ、自律神経の働きを改善したところ、

 

不妊症も改善された人もいるのです。

 

 

ただし、自律神経失調症に使われる薬は、

 

不妊症にも影響を与えるものもあります。

 

 

不妊症と自律神経失調症を同時進行で治療するよりも、

 

まず自律神経のバランスを整えてから、不妊治療を始める病院が多いようですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ