不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


包茎は不妊の原因になりますか?

包茎は男性の不妊症の話ですね。

 

 

包茎が不妊の原因になるのかと言えば、

 

それはタイプによるのではないでしょうか。

 

 

包茎には、大きく分けて3つのタイプがあります。

 

それは、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎で、

 

一番多いのは、仮性包茎とのことです。

 

 

仮性包茎の場合、通常は亀頭に皮がかぶった状態ですが、

 

勃起をすると自然に亀頭が現れるので、

 

性交渉には何ら問題はないと言われています。

 

 

ですが、普段から亀頭の部分が皮に包まれているため、

 

清潔を保つことが難しく、雑菌が繁殖しやすいのです。

 

 

そのことが不妊に直接結びつくことは少ないですが、

 

感染症になりやすいことは確かです。

 

 

男性不妊で厄介なのが、真性包茎です。

 

これは、勃起などで痛みを感じ、

 

さらに精液の量も少なくなります。

 

 

精液の量が少ないとなると、

 

必然的に精子の数も少ないので、不妊の原因になるわけです。

 

 

ですから、このタイプの包茎の場合には、

 

きちんとした治療が必要です。

 

 

また、カントン包茎は特に厄介で、

 

勃起する際の痛みもありますが、

 

性交渉をするにも、痛みが邪魔をして

 

射精がうまくいかないことがあります。

 

 

痛みを我慢して性交渉を行うと、

 

男性器に傷がつくこともしばしばです。

 

 

中には、痛みのことを考えると、勃起ができなくなり、

 

結果的に不妊になってしまう男性もいるのです。

 

 

この場合も同様に、受診が必要になります。

 

子供が欲しいと考えていて、包茎の男性は、

 

一度専門医に相談するといいですね。


メイクアップ