不妊治療|不妊症を克服して元気な赤ちゃんを出産!

あなたは、間違った妊活をしていませんか?


例え排卵誘発剤などで妊娠を促しても

その後、妊娠力や妊娠維持力、

出産力の3つがそろっていなければ、

出産まで無事にたどり着くことは出来ません。


サプリを飲んだり、不妊治療専門病院に通うことなく、

自宅で1日5分程度あることをするだけで、

妊娠しやすくなる方法があります。


通院しないから自宅でストレスを感じることなく、

自然妊娠することができます。


不妊を招いている本当の原因を知れば、

早ければ一ヶ月くらいで妊娠することが出来ます。


あなたの体に眠っている潜在能力を引き出して、

妊娠しやすくなる方法を知りたくありませんか?


生理周期が短いと不妊の原因になりますか?



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!

 

生理周期が短いとの事ですが、どれくらいなのでしょうね。

 

一般的に生理周期は、25日〜38日が正常と言われています。

 

それ以下の周期で生理が来るとすれば、ちょっと短いですね。

 

 

そして、生理周期が短い場合、

 

排卵がきちんと行われていない可能性があります。

 

 

排卵が行われないのであれば、妊娠することもできないので、

 

不妊症の原因になってしまいますよね。

 

 

また、生理周期が短い場合、

 

黄体ホルモンの分泌異常も考えられます。

 

 

こうした生理周期が短い時は、

 

まず基礎体温をつけることが重要です。

 

 

基礎体温は、一定の期間で体温が変化します。

 

高温期と低温気に分かれていますが、この境目が排卵日なのです。

 

 

生理が始まってから、排卵日までは低温期で、

 

排卵が行われた日の翌日から、高温期となります。

 

 

この高温期が2週間以上続いた場合、

 

妊娠している可能性が高くなるわけです。

 

 

毎日基礎体温をつけていると、

 

この体温の変化の状況が手に取るようにわかります。

 

 

低温期・高温期の境目がないとしたら、

 

おそらく排卵は行われていないでしょう。

 

 

生理があっても、排卵は行われていない状態で、無排卵ということになり、

 

そのままにしておくと、不妊症になってしまうのです。

 

 

無排卵月経の場合、きちんと治療を受けなければ改善しませんから、

 

生理周期が短い人は、早めに受診したほうが無難ですね。

 



無農薬・高品質マカ・通販専門店はコチラ!


メイクアップ